環境保全 | 株式会社 石田大成社

環境保全

環境負荷の低減、総合的な品質向上

創業時から自社で印刷工場を運営してきた私たちは、
地域社会との関わりにおいて常に環境保全を意識してきました。

石田大成社はISOの環境管理システムと品質管理システムを統合し、
環境負荷の低減と共に総合的な品質向上を図り、効率の良い企業活動を実現しようとしています。

環境理念

地域および地球環境保全の重要性を認識し、環境負荷の少ない製品づくりを心掛け、
企業活動において環境保護に積極的に取り組みます。

環境方針

1. ISO14001に準拠した環境管理システムの構築を推進していきます。

2. よき企業市民として環境保全、省エネ、リサイクル等に努め、地球環境に配慮した事業活動を推進します。

3. 事業活動と製品の環境負荷を把握し、技術的、経済的に可能な範囲で目的・目標を設定、運用し、
継続的改善を図って、事業活動を推進するとともに、環境汚染の予防に取り組みます。

4. 環境関連法規制、条例およびグリーン購入法、クライアントの要求事項等、
当社が環境保全を前提とした企業活動を実行するために同意すべき決まりごとを遵守いたします。

5. 内部環境監査を実施し、環境管理システムの向上に努めます。

6. 環境教育を通じて、環境方針を全社員に周知徹底し、環境に関する意識の向上を図ります。

環境資材のご提案

下記の代表的な環境資材をはじめ、お客様のご要望に応じた低環境負荷製品づくりに努めています。

植物油インキ

従来の印刷インキに含まれる石油系溶剤は揮発性があるため、大気汚染の一因となります。植物油インキは、この溶剤の一部を植物油に置き換えたもので、有害物質の発生を削減できます。

ノンVOCインキ

VOC(Volatile Organic Compounds)とは、揮発性有機化合物のことで、大気汚染・土壌汚染・地下水の汚染等を招きます。これが1%未満のものをノンVOCインキ、またはVOCフリーインキといいます。
ノンVOCインキは、環境負荷が最も低いとされています。

FSC® 森林認証紙

近年、計画植林により適切に管理された森林から生産される木材原料の使用を要求する動きが世界的に出てきました。FSC®(Forest Stewardship Council® 森林管理協会)という国際機関が、認証した森林の木材で作られた製品には、FSCマークがつきます。FSCマークのついた製品の製造、加工、流通の全ての過程で、認証材が適切に使用されていることのCoC(Chain-of-Custody)認証を東京・西日本地区にて取得しています。(ライセンス番号 FSC-C010191)

環境管理と品質管理

国内3工場では、環境管理の国際規格であるISO14001の認証を取得し、環境法令順守、業務効率化、及び環境負荷物質の低減に関する活動を推進しております。

ISO14001:2004 / JIS Q14001:2004

審査登録されている事業所
東京工場・名古屋工場・京都工場
活動範囲
DTP、製版、刷版、印刷及び加工・製本業務、
印刷物並びに各種媒体の制作・編集・翻訳業務
登録証番号
JQA-EM3003
登録日
2003年2月28日